MENU

1つのブレーカー形状で2種類の被削材グループのモジュラードリル加工に対応。

TDMX本体 — 技術内容

1. ポケットシート

非常に安定したポケットシートデザインにより、難条件のアプリケーションを確実に加工するための安定性が向上。

2. マージン

本体長全体に渡るマージンランドで真直度および向上した穴あけ品質を実現。

3. フランジ付きシャンク

全体的なドリル安定性が向上し、すべてが深ドリル加工アプリケーションに集約。

4. SLシャンク

平面を備えたストレートシャンク:マシニングセンターおよび旋削センターに最適。

5. 研磨されたフルート

切り屑排出を向上。

6. 前部クランプ

2種類の標準ねじで、ホルダーから工具を取り外すことなくインサートのクランプおよびクランプ解除が可能。

7. クーラントチャンネル

切れ刃の真後ろにクーラントチャネル出口を配置。

TDMXポケットシート — 技術内容

1. ダブルシーティング角

過酷な切削条件下でも最大の安定性を実現。

2. ギャッシュ(溝)

鋼製の本体を切り屑から保護するために超硬チップ形状に溝を配置。

4. クランプねじ

前部クランプでインサートの交換が容易に。

5. 排出ピン

ポケットシート公差が非常に厳しいためインサートの取り外しが必要。

WIDIA 輝かしい瞬間